3/10 公立中学校卒業式

 今日は公立中学校の卒業式でした。

 ご卒業おめでとうございます。

 少々、長いブログになってしまいそうですが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 これから新高校1年生になるキミには、3年先の自分の姿を想像しながら高校生活を送ってほしいと思います。

 自転車に乗るとき、歩くときよりも視線を先へ先へと送ると思います。スピードの出るロードバイクなら尚更です。遠くを見ていれば、ほとんどの危険を回避することができるからです。

 逆に、近くばかりを見ていたり、よそ見をしていたらどうなるでしょうか。視野が狭くなり、アクシデントに気付くのが遅れてしまいます。その結果、自分だけなく歩行者や車などにまで怖い思いをさせてしまうかも知れません。

 何かあったら自転車ならブレーキをかければ止められますが、時間は誰にも止めることができません。
 この瞬間も時間はみんな平等に過ぎていってしまいます。

 ところで、5年後に成人式を控え、キミは「どんな大人になりたいですか?」

 正直なところ、「大人になんかなりたくない。」「今のままでいたい。」という声が一番聞こえてきそうですが…(笑)

 高校に進学したら、キミの夢を実現させるために好きなだけ「大人ポイント(経験値)」を貯めることができます。それだけでは足りなかったら、大学に進学してもっと多くの「大人ポイント」を貯めても構いません。日本では、金メダルを取れるような才能がなくても、そうやって「大人ポイント」を貯めることで夢を叶えてきた大人たちが沢山います。

 今日の事にしか目を向けなければ、「今日さえ楽しければいいじゃん!」という発想になってしまいます。今まで、誰からも何も言われなければ、そんな風に考えるのが当然です。

 でも、未来のある若者がそういう日々を送ってしまったら、コネや財力などといった助けがない限り、巡り合えたはずの多くのチャンスを逃してしまうのです。

 だから、3年先の自分の姿を想像してください。最初のうちは、少しずつでも構わないので、未来の自分のために準備を始めてください。少しずつでもいいから、「大人ポイント」を毎日貯めてください。難関大学を目指すなら、もちろん沢山の「大人ポイント」が必要です。必要ならどんどん貯めてください。貯めれば、絶対に難関大学にも入れます。

 夢に向かって好きなだけ努力してもいいのは学生のうちだけです。(もちろん、夢が叶わなくても、旅行をしたり趣味を楽しんだり、それなりに楽しく過ごすことはできますが、夢が叶えられたら、何倍も充実した毎日を送れます。)

 だから大学生や大人になってからでも、できそうなことにうつつを抜かさず(心を奪われずに)、高校生のときにしかできないことに全力を傾けてほしいと思います。

 一人でも多くの15歳の若者が、希望や夢を忘れない高校生活を送れますように。

明優学院 追浜校

2017年03月10日